2016年11月8日火曜日

気づいたらもう11月

しばらくブログから遠ざかっていたが、気づいたら11月になっていた。9月は応用物理学会や実験で忙しく、10月は否応なしに2学期が始まり、なおかつ論文投稿のために全力投球してしまったのでまったくネットに記録を残す余裕などなかった。夏の終わりからこの秋にかけて、いくつもの予稿投稿と雑誌掲載とか論文とか受賞とかいろいろと進展がありました。

先ず、9月ごろに、新潟大学の第3回「学長賞」の受賞が決定した。全学から数名の若手を表彰すると聞いている。ダメ元で申請書を出したのだが、選ばれた。ありがたい。

次に、10月ごろに、研究推進機構から、「研究准教授」の名称が付与された。今後、私の名刺に「工学部助教」と並列に、「研究推進機構 研究准教授」という肩書が入ることになるだろう。別に私は肩書にこだわったりはしないし、役職に対する欲があるわけではない。しかし、昨今の新潟大学の人事凍結に絡んでもっとも「被害」を受けている任期付き助教としてはこの救い船はありがたい。根本的に任期が延長になったりパーマネントになったりするようなことでは無いが、何かしらのメリットはあるはずである。ということでありがたいことが立て続けに起こっている。

最近は、MSのWorld2016がいうことを聞いてくれないでいる。オブジェクトで開く数式エディタ―3.0が正常に動作しない。こんな不具合を自分で直す気にはならないので放置している。Power Pointでは正常なので、そっちで書いて、張り付けている。テクノロジーが発展しているはずなのに10年前の方がよほど効率よく文章が書ける。さらに、つい今日までは  「Word 2016で日本語入力すると別枠が表示される」という問題に悩まされたが、どうやらこの不具合は更新で解決されているらしいので、更新した。いまのところ問題ないみたい。ただ、数式3.0は使えない。

JSTの報告書も書いているのだが、今回改めて無駄なことはしない方が良いということが良く分かった。体力も時間も限られている。無駄をそぎ落とさないとうまくやっていけない。まあ、このブログを更新するのも無駄なことの一つではあるのだが。



0 件のコメント: