2015年2月4日水曜日

新潟大N-hybrid conference に行ってきました。



先週の土曜日は、共同研究をしている医学部のH先生とN先生のつてで、N-hybrid conference2015に行ってきました。会場は、トキメッセの近くのホテル日航新潟でした。

 
ネットから拾ってきた写真です^^;

さすがに、医学系(臨床系でしょうか)研究室と第一三共さんの主催だけあって豪華でした。
とくに、大学院生のポスターセッション、一人ひとり5分ずつ群集の前で発表するというスタイルは、とても新鮮でした。そういうやり方は、工学部系の学会で今まで見たことがありません。
まあ、大学院生といっても、医学部の方は、お医者さんですので、我々の修士学生とはわけが違います。

最後の特別講演は、NIMSフェローで北大名誉教授の魚崎先生のご講演でした。
確かに、レーザの和周波分光による界面(おもに空気と水の境界)の分子レベルでの計測はすごい面白い手法だなと思いました。共鳴した周波数に応じて分子構造が特定できるということ、IR側の波長走査で反射光の波長スペクトルを測れば、それがわかるということで、大変勉強になりました。N先生のご紹介で名刺を交換できたのはとてもうれしかったです。ブッフェのごはんを犠牲にする甲斐がありました。

我々もフェムト秒レーザを早く自作できて、いろいろな実験へ投入できれば、将来素晴らしい研究につなげられそうですね。ファイバレーザ製作も頑張りましょう!

とまあ、来年も開催されるらしいので、内耳OCTも良い成果を出していきたいものです。


0 件のコメント: