2015年2月14日土曜日

鈍感力

あるお医者さんの講演で、鈍感力こそ長生きの秘訣であるみたいな話がありました。
たしかに、鈍感力を磨けばストレス社会を生きていける気がします。

ただし、鈍感力って言っても、他人に対して鈍感であれば迷惑になることだっていくらでもありそうな気がします。やはり鈍感力と言うのは自分よがりに外からのアクションを全てアイソレーションして自分のやり方を固執するようなことではないのでしょう。

相手への配慮もありつつ、相手からの意をくみ取りつつ、あえて自分に不必要なものについて鈍感になることだと思っています。そして、相手に対する発信にも必要なことだけを伝えればよい。

要するに、情報のアイソレーションとフィルタリングをどれだけうまくやれるかですね。全ての情報を取り込んでセンシティブになっても困るし、全て遮断しても困る。一旦心に入ってきたものは、共振器のごとくぐるぐる回して、アイソレートした後に、フィルターを掛けて、Q値を高めて外に出さないとダメですね。

他人への適切な判断とアドバイスは、Q値が高くないとできない。
研ぎ澄まされて磨かれた鈍感力とは、Q値の高い共振器のごとくです。やはり鋭いセンスを持った人が適切な鈍感力を持つわけです。このような高度な事を無意識の次元で処理できる能力。それが真の鈍感力でしょう。うーむ。難しいですね。


0 件のコメント: