2013年6月9日日曜日

Shaker教授の講義

インドから、Prof. Chandra shaker先生が我々の研究室へ来られたため、5月中旬ごろから部屋をシェアーすることになった。すっかり、仲良くなってしまい、1日の内2回は必ずお茶をすることが日課の一つになった。最初はコーヒーだけだったのだが、最近は私が家からジャスミンを持ってきたので、かなり本格的なお茶会になっている。会話の話題も食べ物とお茶の話が多くなっている。
religionがヒンズーなので厳格なベジタリアンであるため、いつも食事に苦労しておられるが、この前チャンドラ先生がインドから持ってきたベジタブルなビーンカリーはなかなか美味しかった。来週は私が御馳走をする予定である。


上の図は、院生向けのアドバンスドテクノロジー講義でのチャンドラ・シェーカ先生のご講演の様子

我が研究室の学生たちとの懇談会の様子


すっかり、私もインド訛りの英語に慣れてきて、まねしたりします。インド式英語のほうが話しやすいのではないかと思ってます。

後、関係ない話ですが、やっともう一つ論文が掲載された。
それでも論文数が足りないので、今年はかなり頑張らなぁーあかん!となぜか頭の中で関西弁で叫んでおります。

0 件のコメント: