2013年5月27日月曜日

親ばか症候群という病気

我が子の寝顔を見ていると、本当に親バカになります。特に、話しかけていると、あたかも話の内容を分かっているかの如く笑う時があります。恐らく偶然でしょうけど、大人たちの会話を全て理解しているような素振りを見せるときがあり、本当に不思議で面白いです。
生後1か月なので外部からの刺激に対して反応しているのではないとものの本には書いてありますが、信じられないくらいぴったりのタイミングで笑ったり声を出したりするので、本当に不思議です。
赤ちゃんだけの感受できる世界があるのかもしれません。それは、我々大人の世界が実数解の世界ならば、所謂虚数軸の事象かもしれないし、もしかしたら、宇宙のダークマターに隠された次元から来る信号をキャッチしているかもしれないという、妄想に悩まされます。(何かの病です)


夜中起こされても、顔を見てると疲れが癒されます^^

0 件のコメント: